症状別

症状別Case

  • 手関節・指について解説します。

    手関節・指

    手根管症候群


    原因

    手根管内の正中神経が絞扼されることで生じる障害

    手首の曲げ伸ばしや強く握る動作などを繰り返すことで

    屈筋腱鞘の炎症・浮腫・肥厚が起きる結果癒着などが起こり発症する。

     

    家事や手作業労働、VDA作業、運転、投球動作やラケットなどを使用するスポーツ活動などを

    頻繁に行っていると発症することが多い。

    就寝時に無意識のうちに強く手を握っている可能性も考えられる

     

     

    症状

    手の平の母指側から母指・示指・中指・環指にかけてのシビレや知覚障害、痛みが主となり

    就寝時に出現・増悪する特徴がある。

     


    ド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)


    原因

    母指の腱鞘炎で手関節を頻繁に使用することで腱鞘に過度の摩擦が生じる結果

    炎症・肥厚などをきたすとされる。

    柔軟性や筋力の低下、家事や育児、手作業労働、ラケットなどを使用するスポーツ活動などを

    頻繁に行うことで発症することが多い。

     

    症状

    母指基部から手関節橈側にかけての疼痛

    橈骨茎状突起部の圧痛及び腫脹などがみられ

    悪化により運動障害を起こす。

     


診療時間日⁄祝
平日9:00~22:00
土曜9:00~20:00

▲…定休日
※時間外・休日の受付はお電話いただければ相談可能です。

  • 神楽鍼灸接骨院

    奈良県大和高田市

    あべ鍼灸院
    大阪府大阪市大正区
  • 営業時間 平日9:00~22:00 土曜 9:00~20:00
    定休日  日・祝日(電話いただければ相談可能)
    保有資格 鍼灸師・柔道整復師
    電話番号 080-5281-7595

06-6541-8270 / 090-7491-0478
pagetop